中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

昭化古城

  • 昭化古城
  •  広元市郊外の昭化古城は旧名を葭萌関といい、張飛と馬超が夜を徹して戦った場所。
  • 昭化古城
  •   魏・呉・蜀の三国鼎立が定まる前夜、確たる領土を持たなかった劉備が成都の太守劉璋(りゅうしょう)の求めをうけ、漢中の張魯(ちょうろ)の南下に対して援軍として出撃し、成都進出への足がかりを作った。当時、曹操に破れ、張魯のもとにいた馬超は劉備軍と戦い、張飛と馬超は決着がつかず馬超の勇姿を惜しんだ劉備の仲立ちもあり、その後馬超は劉備の下に身を寄せる。 以後、張飛・馬超は蜀の五虎将軍(趙雲、関羽、張飛、馬超、黄忠)のなった。
  • 昭化古城
  •  昭化古城は揚子江の支流嘉陵江に注ぐさらに支流の清水河に沿い、四戦の地とも言われ、東西南北の各関に通じる、蜀の咽喉に当る重要戦略拠点で全体が遺跡となっている。
  • 昭化古城
  •  地元の伝説によると、広元出身の則天武后が、幼少の頃母に連られてここによく遊びにきたことがあると言う。毎年9月1日は則天武后を記念するために「女の祭り」が行われ、更に、旧暦の1月23日には則天武后の誕生日を祝う盛大な儀式を行われる。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー