中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

楽山大仏ラクザンダイブツ

  • 楽山大仏(ラクザンダイブツ)
  •  1996年、中国仏教四大聖地の一つである峨眉山と合わせてユネスコの世界遺産に文化と自然の複合遺産として登録されている。
  •  「山が仏であり、仏が山である」と讃えられた楽山大仏は楽山市郊外(成都の西南約160km)に位置している。凌云山を背に岷江を見下ろす。青衣江、大渡江は凌云山下で岷江に流れ込む。 昔、この地域は頻繁に水害が起こり、非常に激しい水害を町に与えていた。そのため、唐の玄宗開元初年(西暦紀元713年) に大仏寺の僧(海通)が治水と航行安全を祈願して、大仏建造が始められたとされる。90年後の貞元19年(西暦紀元803年)に完成する。
  •  世界最大規模の大仏が有名で国内外から多くの観光客が訪れる楽山大仏の高さは約71m、頭は長さ14.7mの直径10m、まげが1021個、肩幅28メートル。足だけを見ても甲は長さ8.5メートル、百人以上が乗れるほどの大きさで、大仏全体の巨大さがわかる。
  •  また、楽山大仏は世界最大級のアフガニスタンの大仏(高い53メートル)と比べても18メートル高く、世界の極みとして壮大な姿を見せ付ける。楽山大仏の造型・設計もまた緻密で、湧き水や雨水を効率よく逃す排水溝も作られていた、それゆえ1千年の歴史をもつ今なお依然として、岷江の脇から人の世の移り変わりを静観している。
  •  楽山大仏の上にある凌雲寺は仏教の禅宗寺院で、別名「大仏寺」とも呼ばれる。凌雲山全体に天王殿、弥勒殿、大雄宝殿などの仏閣が点在している。 現存する建築物は明、清代に再建されたものであるが、その建立は唐代までさかのぼる。なかでも、畳翠堂や浮玉亭から望む岷江の眺めは美しく、古くから景勝地として名高い。市内からは霊宝塔がよく見え、大仏の位置がすぐわかる。
  • 楽山大仏(ラクザンダイブツ)
  •  楽山大仏観光区にある麻浩崖墓は漢代に掘られた陵墓で、幅200m、広さ25mの範囲に544の墓が残っており、現在は全国の重要文化保護財となっている。公開されているのは第一号墓で、その内部には当時の文字や、動物、人間の彫刻などによって歴史のストーリーが記されている。古代建築の彫刻、民俗、宗教などにおける極めて貴重な資料である。
  •  凌雲山と共に岷江の岸辺にある烏尤山は、山上には唐代に創建された烏尤寺がある。境内には陳列室が設けられ、また、爾雅台と呼ばれる建築は、中国最古の辞典「爾雅」の注釈が行われたとされる場所で有名。周りには林が茂り、特に静かな雰囲気を表している。
  •  また、烏尤山、凌雲山などを楽山港の方から川を隔てて眺めると、巨大な仏像が3つの川の上であおむけに眠る涅槃仏のように見える。1990年一人の広東からの観光客がここで撮った写真を見て、ふと2つの山が1つの巨大涅槃仏に見えたことが始まりだ。山々からなる巨大な涅槃仏の高さは1300数mに及び、大仏で有名な楽山観光地区にいっそうの魅力を与えている。 「不識廬山真面目、隻縁身在此山中」にあたる。
  •  楽山は四季の違いがはっきりしており、気候は湿潤で、降雨量も多く、年平均気温は16.5℃〜18℃。一年中観光に適している。
  • ※ ST-0102 成都発 楽山大仏日帰り観光ツアー (毎日催行)
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー