中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

三星堆遺跡博物館さんせいたい-いせきはくぶつかん

  • 三星堆博物館
  •  成都の北側約40 kmの広漢市三星堆で、1986年に約3000年前の青銅器文明の遺跡が発掘され、世界的な話題となった。
  •  創建当時の建物はすぐになくなり、北宋時代に草堂があった場所に祠堂が建てられ、規模が徐々に大きくなっていった。現在の建築群は1811年に修建されたものが元になっている。
  • 三星堆博物館
  •  三星堆博物館は、1992年8月に起工、1997年10月に竣工し、一般公開された。敷地面積は20ヘクタール、主館面積は7000平方メートルある。博物館の外観は、地形、史跡、文物の造形芸術を結合させた趣を追求し、原始的要素と現代の息吹を融合させている。ホールは現代化されていて、『古城古国古蜀文化陳列』をメーンテーマに、三星堆遺跡及び2つの大型祭祀遺跡から出土した陶器、玉器、骨器、金器、青銅器などの千点以上の貴重な文物を展示している。
  •  三星堆遺跡の文物は、歴史的、科学的、文化的価値があるだけでなく、芸術的な鑑賞性にも富んでいる。初めて公開された頃には、内外の人々のため息を誘い、特に注目されるのは、目の飛び出したような独特な造形の仮面「青銅縦目面具」や、高さ3.95mもある「青銅神樹」、2.62mの「青銅立人像」など。
  • 三星堆博物館
  •  三星堆遺跡には二つの祭祀遺跡があり、全身立像、人頭像、人面像を含む、等身大の青銅器70数体が出土した。多くの専門家は、祭祀の場として使われた時期は、殷(商)(紀元前17世紀〜前11世紀)に相当すると考えている。
  •  出土した青銅人像は、中国でも前例のない形だったため、中国の冶金と彫塑芸術の歴史に大きな意義を持ち、一連の謎を残すことになった。専門家は、文物の表面に残る焼け跡から、古代蜀族が盛大な祭事で使ったものだと推測できるという。祭事の対象は、天や地、山や川などの自然界の神様だった。
  • 三星堆博物館
  •  青銅人像と人面像は、生け贄を象徴していると考えられ、人を捧げる代用品となっていた。この種の生け贄の代用品を火にあぶってから埋葬する儀式は、甲骨文字の中にしばしば見られる「燎祭」に当たる。
  •  ここから、古代蜀族が、祭事や儀礼制度において、中原の殷文化の影響を受けていたことがわかる。しかし、青銅人面像などは強烈な地域色を示し、殷文化の特徴は見られず、古代蜀族の青銅器文化の芸術的成熟を反映している。
  • 三星堆博物館
  •  人頭像は、高さ34センチ。冠の形が特異で、表情は厳粛で、眉が太く目が大きい。また、口が広く鼻がとがり、えら骨が張っている。両耳は外側に張り出し、それぞれの耳たぶに孔があけられている。大まかな輪郭と誇張された形は、古代蜀国の神秘性を表し、蜀国のきらびやかで美しい特色を提示している。
  • ※ ST-0107 三星堆遺跡と金沙遺跡博物館1日観光ツアー (毎日催行)
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー