中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

成都パンダ基地

  • 成都パンダ基地
  •  絶滅危惧種のパンダは中国しかない動物として、主に四川省、陝西省と甘粛省の6大山系に分布している。全部2千頭にもなっていないパンダは「国際絶滅動植物種国際貿易公約」に「絶滅種」とされ、中国の「野生動物法」にも「特級保護動物」として保護されている。このような高い研究価値と観賞価値を持つパンダは中国で「国宝」とされていると同時に、世界各国の人たちにも喜ばれている。友好大使として何回も海外へ行ったことがあるパンダは世界で高い知名度と影響力がある。
  • 成都パンダ基地
  •  成都パンダ基地の全称は成都大熊猫繁殖研究基地である。
  •  成都市北部の斧頭山の麓に位置し、敷地面積が 200 ヘクタール、1987 年に設立された。2008年まで、設立時野外で緊急措置を取った 6 匹のパンダ を基礎として、すでにパンダ 囲い込み飼育の群の数量を100数匹までに増加させた。  
  • 成都パンダ基地
  •  パンダ等の稀少野生動物を保護する面において優れた成果をあげたため、成都パンダ繁殖研究基地は国連の環境企画部門から“ワールドランキング500”、中国の環境保護の最高賞である“中華緑科学技術金賞”、“全国環境総合管理優秀工程賞”及び“全国科学普及教育基地”など高い評価受けている。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー