中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

ミニヤコンカ(貢嗄山)

  • ミニヤコンカ(貢嗄山)
  •  四川貢嗄山(ミニヤコンカ)は四川省康定・瀘定・石棉の3県の県境に位置し、面積40万ヘクタール。チベット語ではミニヤ国の白い山という意味から名付けられた。
  • ミニヤコンカ(貢嗄山)
  •  一年中氷雪に鎖らされている。一番高い峰の海抜は7556mで、四川省では最高の山。「蜀山の王」と称される。ヒマラヤ山脈の各峰の標高が正確に測定される前は、世界最高峰に位置づけられたこともあり、古くから登山の対象となっている。 数多くの遭難者を出したことから「悪魔の山」とも呼ばれた。
  • ミニヤコンカ(貢嗄山)
  •  ミニヤコンカ(貢嗄山)山の地域は氷川が71カ所もある。海螺溝はミニヤコンカ(貢嗄山)山に一番大きい氷川で、総長は30.7キロで、原始林まで6キロ延びていて、うっそうたる原始林を通って龍のように飛んでいる。それで、緑の氷川と称えられた。海螺溝の入っていくのはとても容易。毎年の3月から10月まで氷川を観賞するいいシーズンである。
  •  1982年日本山岳協会の松田隊員がミニヤコンガ山頂上アタックを試みたが7500M付近で遭難、18日後、2850M付近に半死状態で村人に救助され、奇跡の生還を遂げたことも海螺溝の有名な話である。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー