中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

成都武侯祠ぶこうし

  • 成都武侯祠
  •  成都武侯祠は成都市南門武侯祠大街にあり、三国志の聖地と称される。
  •  武侯祠の 「武侯」とは「忠武侯」と贈り名された諸葛亮を指し、彼を祀る霊廟を意味する。しかし、後世に『三国志』や『三国志演義』などで、諸葛亮以外の蜀漢に武将や家臣、さらに主君である蜀の先主、劉備や後主劉禅なども祀られるようになった。劉禅は「亡国の暗君」とみなされたため、南宋のころに廃祀された。 223年に劉備の陵墓である恵陵が造営され、劉備の霊廟も造営された。成漢の李雄は武侯祠を造営し、今の場所に移した。現在のような諸葛亮と劉備を祀る霊廟に整備されたのは明朝のころである。
  • 成都武侯祠
  •  現在の遺構は清朝のものであり「成都武侯祠博物院」として1961年に全国重点文物保護単位に指定されている。
  • 成都武侯祠
  •  劉備殿内廊の左右には孔明が出陣に際し書いた名文「前後 出師表(すいしのひょう)」が刻まれた石がある。劉備殿を越えると右手に文臣廊、左手が武将廊となり、群臣像がたち並ぶ。その奥には孔明殿、正面に孔明、左右に諸葛瞻・諸葛尚の像があり孔明の才能と功績が讃えられている。いずれもが後世の製作で、『三国志演義』によって形成されたイメージのものである。
  • 成都武侯祠
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー