中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

成都杜甫草堂とほ・そうどう

  • 成都杜甫草堂
  •  詩聖として名高い唐の大詩人杜甫とほ(712〜770年)は、安史の乱を避けて、都長安から移り住み、成都に避難することになった。翌年からは友人の助けを得て、成都の西郊外、浣花渓(かんかけい)のほとりに庵を建てた。その後、杜甫は4年あまり成都に住み、240編以上の詩が作り、その生涯でもっとも充実した時期をここで過ごしたとも言われている。春の雨、錦官城(成都)の花を詠んだ「春夜喜雨」はこの草堂から生まれた詩だ。
  • 成都杜甫草堂
  •  創建当時の建物はすぐになくなり、北宋時代に草堂があった場所に祠堂が建てられ、規模が徐々に大きくなっていった。現在の建築群は1811年に修建されたものが元になっている。
  • 成都杜甫草堂
  •  草堂の中心は詩史堂で、両側に陳列室となっている。二部構成になっており、杜甫の生い立ちと現代に与えた影響に分かれている。このほかに草堂博物館があり、こちらには杜甫研究に有用な資料が多く収蔵されている。
  • 成都杜甫草堂
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー