中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 四川館
「セイナン・スカイ」四川館〜四川省中国旅行社 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

剣門関

  • 剣門関
  •  四川省広元市剣閣県にある大剣山は、山脈がくねくねと連なり、頂上まで行くといきなり切り立った崖になっている。北から南を眺めると、どの山も剣のようにそびえて、ただ一本だけ道が通っている。これが「天下の雄関」剣門関だ。
  • 剣門関
  • 「剣門関を得れば、四川を得る」とも言われた険峻地で、この二千数百年の間に百回近くの戦いがあった。三国時代には諸葛孔明が関楼の下の谷に15kmに及ぶ閣道を造って北伐の根拠地とした。
  • 剣門関
  • そして蜀が滅亡した直前、3ヶ月に渡って剣門関を死守したのが蜀の最後の名将の姜維である。263年8月、魏は全軍をあげて蜀に侵攻する。姜維は沓中から退いて剣閣(剣門関)に立てこもり、鐘会に抵抗した。兵数10万を誇る鐘会軍もなかなかこれを攻め落とせず、姜維に向かって投降を呼びかけるが、姜維は頑に抵抗を続けた。
  • 剣門関
  • しかし、ケ艾が陰平から前人未踏の険路を七百里も超えて江油に入り、綿竹関の諸葛瞻を討ち取って成都に至り、劉禅は無抵抗で魏に降伏した。事情を知らぬ姜維は広漢に退き状況把握につとめた。城主の「降伏せよ」との令を知り、姜維は「ふ城」で鐘会に降伏した。武将達は知らせを聞くと、刀を抜いて石を斬りつけ、その無念さを表した。
  • 剣門関
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー