中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 新疆館
「 セイナン・スカイ 」 新疆館 ・四川館 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

新彊 タクラマカン砂漠

  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •   タクラマカン砂漠(塔克拉瑪干沙漠)とは新疆ウイグル自治区にある砂漠である。語源は、ウイグル語の「タッキリ(死)」「マカン(無限)」の合成語と言われ、「死の場所」「死の世界」といったニュアンスとされる。「生きては戻れぬ死の砂漠」という意味が有る。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  サハラ砂漠に次ぐ世界2位の面積を持つ砂漠であり、タリム盆地の270,000km2をしめる。北に天山山脈、南に崑崙山脈と6000〜7000m級の大山脈に挟まれているため非常に乾燥しており、降水量は年に数ミリ程度。過去は海または湖だったとみられ、標高は非常に低く標高がマイナスの地域もあり、最低海抜はマイナス130メートル。天山南路はタクラマカン砂漠を南北に迂回するように分岐し、北が西域北道、南が西域南道と呼ばれた。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  周辺にはタリム河、ホータン河などの河川があるが、いずれも内陸河川である。なお、ホータン河は崑崙山脈の雪解け水が増える夏季のみタクラマカン砂漠を縦断し、タリム川と合流する季節河川として知られる。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  かつての海底が砂漠になったもので、豊富な石油が埋蔵されているといわれている。完全舗装の快適な砂漠縦断公路を通り、砂漠の真中を縦断すれば、きっと大自然の偉大さと美しさに引き付けられる。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  タクラマカン砂漠車道
     タクラマカン砂漠車道は中国の新疆ウイグル自治区に位置し、現在まで世界最長の砂漠横断車道であり、中国最初の砂漠車道である。 現在砂漠横断車道は二本であり、輪台―民豊砂漠車道(1995年開通)、アラル―ホータン砂漠車道(2007年開通)。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  輪台―民豊砂漠車道
     北は輪台県東9kmのところから始まり(国道314線626kmのところ)、南は民豊県東18kmまで(国道315線2178kmのところ)、全長は565.66km。
     1995年9月に開通された。1999年9月29日、開通された4年ほどのタクラマカン砂漠車道はギネスブックに登録された。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  •  アラル―ホータン砂漠車道
     2007年、全長424.77km中国の二本目砂漠車道は(北は天山南麓のアラル市より南は昆ロン山脈北端ホータン市まで)タクラマカン砂漠を縦断し、再び世界奇跡を作った。
  • 新彊 タクラマカン砂漠
  • 新彊 タクラマカン砂漠
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー