「セイナン・スカイ・西安」〜西安海外国際旅行社(国家一級社)About Usお問い合せ

兵馬俑博物館 西安

兵馬俑 西安
兵馬俑 西安
兵馬俑 西安
兵馬俑 西安
兵馬俑 西安
兵馬俑 西安
兵馬俑 西安

 兵馬俑(へいばよう)は、本来は古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち、兵士及び馬をかたどったものを指す。現在では、西安にある秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納されたもののみをさすことが多い。ここでは、世界的に著名な始皇帝のそれについて記す。秦の始皇帝陵の一部として1987年、世界遺産(文化遺産)に登録されている。
 兵馬俑(へいばよう)は西安市街地から東側の30キロ離れた臨潼県にある。 秦の始皇帝陵の副葬坑。7,000以上の等身大の武士と馬の俑(人形)は「世界の八番目の奇跡」と絶賛されている。特に、これらの兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはないことは極めて不思議である。
 1974年3月に地元農民が旱魃のため、井戸を掘ったところ、2.3m地点で変わった陶器の破片が見つかった。その後考古学者の鑑定によって始皇帝の地下禁衛軍団が配置されていたことがわかった。この偶然の発見によって、地下に2,000年も眠っていた世界を驚かせる兵馬俑の存在がようやく天日の下に現れた。坑は発掘順序に基づいて一号坑、二号坑、三号坑と名づけられた。殉死制度のあった時代に、人間に代わって陶製の人形を殉死品としたことから、人類文明の進歩を伺うことができる。始皇帝陵の西側20mのところから発見されたもので、当時実用の車の2分の1のサイズで作られ、併せて二台ある。一号車は先導車で、御者は腰に剣を帯び、側に弓矢などの兵器を備えている。二号車は温涼車といって、秦の始皇帝の専用車である。二台とも四頭立ての馬車で、豪華を極め、車体には美しい模様が描かれている。金銀製の装身具は1,594件残されており、2,000年前の金属加工の精密さにも驚かざるを得ない。

お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー サイトマップ