「セイナン・スカイ・敦煌」〜敦煌観光専門&敦煌旅行代理店!About Usお問い合せ旅行社の皆様へ

莫高窟 敦煌

敦煌莫高窟
敦煌莫高窟
敦煌莫高窟
敦煌莫高窟
敦煌莫高窟
敦煌莫高窟
敦煌莫高窟

 敦煌莫高窟は甘粛省敦煌市街東南約25kmにある。世界で現存する規模が最も大きく、保存が最もよい仏教芸術の宝庫である。1987年、敦煌莫高窟は、ユネスコによって「世界の文化と自然遺産」に登録された。世界遺産委員会は、「敦煌莫高窟は彩色塑像と壁画で世界によく知られ、千年に亘って続いた仏教芸術を示した」と高く評価しました。
 鳴沙山の東麓の絶壁の上に、南北全長1,600mの山腹に五段階に分けて数え切れない石窟が掘られ、櫛の歯のように並ぶ。
 莫高窟の開削は、前秦の建元二年(366年)から始まり、歴代の王朝の修造を経て洞窟の数は絶えず増え、七世紀唐の時代に、莫高窟には1000個の洞窟があった。従って、莫高窟は「千仏洞」とも呼ばれていた。洞窟には、大量の彩色塑像と壁画がある。敦煌莫高窟は、古代シルクロードの交通の要所に位置したことから、東西の宗教、文化および知識を融合しあう接点でもあった。外来の様々な文化芸術と中国の各民族の芸術が融合された莫高窟は、豊富多彩な芸術風格を持った。これによって、芸術宝庫と言われた莫高窟は素晴らしい景観を呈している。
 歴史の移り変わりと人的破壊にあったにもかかわらず、莫高窟には今尚500の洞窟があり、5万平方メートルの壁画と2000体余りの彩色塑像が保存されている。その塑像の姿は各種各様で、服飾や表現の手法が異なり、各時代の特徴を反映した。莫高窟の壁画も壮観で、これらの壁画を繋げると、30キロ近くに及ぶ画廊が出来上がるようになる。
 壁画には、仏教に因んだ題材が最も多く、人々が祭っているさまざまな仏や菩薩、天王および説法像などがあり、そのほか、仏教の経典にちなんだ各種の連環画、経変画、インド、中央アジア、中国での仏教に関する伝説の物語、歴史的人物と関わった仏教史跡画、供養する人たちの画像および昔の民族の神話を題材とした各種装飾の図案がある。各時代の壁画はその時代の各民族、各階層の社会生活、古代建築、造型および音楽、舞踊、雑技などを反映し、中国と外国との文化交流の歴史をも記録した。従って西側の学者は、敦煌の壁画を「壁上の図書館」と称する。
 1900年、敦煌莫高窟では、大量の経文を保存した洞窟が偶然に発見され、「蔵経洞」と呼ばれた。長さと幅がそれぞれ3メートルであるこの「蔵経洞」には、漢語、チベット語などの文字で書かれた経典、古文書の巻物類、絹や紙、麻布に書かれた仏画類、拓本などまれに見る文化財などが5万件に上り、年代は、紀元4世紀から11世紀にかけ、その題材は中国、中央アジア、南アジア、欧州などの地域の歴史、地理、政治、民族、軍事、言語文字、文学技術、宗教、医学、科学技術などすべての分野に及び、「中古時代の百科全書」と称された。

お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー サイトマップ