「セイナン・スカイ・敦煌」〜敦煌観光専門&敦煌旅行代理店!About Usお問い合せ旅行社の皆様へ

玉門関 敦煌

玉門関
玉門関
玉門関
玉門関
玉門関
玉門関
玉門関

 敦煌の玉門関は小方盤城と俗称される。モンゴル語で「デレバンジン」と言い、四角い城と言う意味である。敦煌市の西北におよそ90キロメートル離れている。聞かれたところによると昔西域の和田などの美玉はタリム盆地からここを通って中原に輸入されたのであり、玉門間はそのため名を得た。
 玉門関は前漢の時に玉門尉の管轄地域であった。王莽が君位を奪い取った後に程なくこの関所はかつて一度閉じられたことがあり、「シルクロード」はそのため中断した。班超が西域を経営した後にシルクロードは通じたが、後漢の建武時代から延光時代までの百数年間の間、中国と西洋の交通要路としてシルクロードはかつて「三通三絶」であった。

お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー サイトマップ