中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 敦煌館
「セイナン・スカイ」〜 敦煌館 ・四川館 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・新疆館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

張掖ちょうえき 馬蹄寺ばていじ

  • 張掖 馬蹄寺石窟(ばていじせっくつ)
  •   甘粛(かんしゅく)省張掖(ちょうえき)市南裕固族(なんゆうこぞく)自治県のにあり、張掖市からは65km離れた寺院、石窟群から構成する。1500年前の東晋・北魏時代から清時代にかけて建築され、石窟芸術の風情を示す観光名勝である。
  • 張掖 馬蹄寺石窟(ばていじせっくつ)
  •   石窟は勝果寺、普光寺、千仏寺、金塔寺、上中下観音洞の7つの石窟で構成され、500余りの摩崖佛塔窟龕がある千仏洞が有名である。伝説の天馬がここに蹄の跡を残したということから、この名がついた。
  • 張掖 馬蹄寺石窟(ばていじせっくつ)
  • 張掖 馬蹄寺石窟(ばていじせっくつ)
  • 張掖 馬蹄寺石窟(ばていじせっくつ)
  • ※西安、蘭州、西寧、嘉峪関、敦煌⇔張掖の間に高速鉄道で繋がっている。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー