中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 新疆館
「 セイナン・スカイ 」 新疆館 ・四川館 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

新彊トルファン 蘇公塔

  • 新彊トルファン 蘇公塔
  •   トルファン市街東南2kmのところにそびえるイスラム建築のミナレット。清王朝乾隆帝時代、紀元1756年、トルファン郡王オーミン・ホ−ジャ(額敏和卓)がジュンガル貴族の反乱を平定し、清朝政府は「護国公」の名誉を郡王オーミン・ホ−ジャ(額敏和卓)に封じた、清政府に感謝・衷心の意を表すため、オーミン・ホ−ジャが白銀7000両を出し、塔を建てたが、建設途中、病気で84歳の時に亡くなった。
  • 新彊トルファン 蘇公塔
  •  1779年にトルファン郡王のスライマン(蘇来満)がその父オーミン・ホ−ジャ(額敏和卓)の遺志に従って塔を完成させた。塔の横にはモスクがある、高さ44mの円柱形の塔(ミナレット)は幾何学模様が彫り込まれたレンガで造られ、新疆イスラム建築様式を代表する。
  • 新彊トルファン 蘇公塔
  •  塔の中には72段の螺旋階段があるが、現在、塔本体が傾斜しているため、上りことはできない、モスク中敷地に塔の登り口の横に郡王オーミン・ホ−ジャの功績が顕すため、一枚の石碑が立っている。モスクは普段観光客に向け開放されており、ただ、ラマダン祭りとグルバン祭り日だけ使う。
  • 新彊トルファン 蘇公塔
  • 新彊トルファン 蘇公塔
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー