中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 新疆館
「 セイナン・スカイ 」 新疆館 ・四川館 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

新彊 カナス湖

  • 新彊 カナス湖
  •   カナス湖は新疆ウイグル自治区の最北端のアルタイ山脈の南麓にあり、カザフスタン・モンゴル・ロシアとの国境に近い。湖は約20万年前の第四紀に氷河の移動により形成されたと見なされる。全体は三日月形を呈する。海抜1375m。
  • 新彊 カナス湖
  •  「カナス」はモンゴル語で「神秘的で美しい」という意味を持ち、その名に違わず神秘的で美しく、季節や天候によって湖面の色が変わることで変色湖の異名を持つ。氷河に含まれる鉱物により、澄んだ紺碧、晴れた日はエメラルドグリーン、曇った日は灰緑色、暑い日には乳白色などとさまざまに色を変化させる。
  • 新彊 カナス湖
  •  地元の人たちは「四季すべてが美しい。春には花が咲き乱れ、夏には湖上の波が立ち、秋には木々が色づいて、冬には銀の衣装をまとう」と、この地を讃えている。
  • 新彊 カナス湖
  •  カナスは寒い山間地帯にあるため、夏は空気がきれいで、湿気もちょうどよく、理想的な避暑地である。冬は長くて最低気温がマイナス40度になる。毎年10月の下旬から翌年の3月まで、道路は雪で覆われる。観光シーズンは6月〜10月となるが、近年は冬に撮影の目的で来る観光客も多い。
  • 新彊 カナス湖
  •  観魚亭: カナス湖を一望する絶好のポイント。晴天の日は遠く友誼峰を望み、登山では往復4時間の行程になるが、シャトルバスが山の中腹まで通っており、そこからは約30分で展望台へ到着する。
  • 新彊 カナス湖
  •  臥龍湾:中ほどの河原が龍が横たわっているように見えることからこの名が付けられた。
  • 新彊 カナス湖
  •  神仙湾:天の雲と山の木々がぼんやりと湖面に映ることからこの名が付けられた。
  • 新彊 カナス湖
  •  月亮湾:月のように弓形をしていることから名付けられた。
  • 新彊 カナス湖
  •  ※話題になったカナス湖の巨大生物カッシー
     ここカナス湖は10メートル以上もの大魚が幾度も目撃され、近年この大魚が写真に撮られたと中国中央テレビで放映され、大規模な調査活動等も行われている。この魚の正体はイタイメンと言われているが、 獰猛な淡水魚で、話によると水を飲みに来る馬や牛、羊などを湖へ引き込み、餌にするのだとか。近年では体長1.68m、重さ46.8kgの大魚が捕えられました。いったい最大どれくらいの大魚が生息するのか。これも新疆の奥地カナス湖が生み出した神秘、幻の怪魚、ロマンだ。
  • < 冬のカナス >
  • 新彊 カナス湖
  • 新彊 カナス湖
  • 新彊 カナス湖
  • 新彊 カナス湖
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー