中国西部旅行専門「 セイナン・スカイ 」 新疆館
「 セイナン・スカイ 」 新疆館 ・四川館 ・九寨溝館 ・チベット館 ・青海館 ・西安館 ・敦煌館 ・蘭州館 ・雲南館 ・貴州館

新彊トルファン アスターナ古墳群

  • 新彊トルファン アスターナ古墳群
  •   アスターナとはウイグル語で“憩の場所”。カラ・ホージャ古墳群とも呼ばれるアスターナ古墳群はトルファン市街地の南東36kmの所にあり、トルファンの地下博物館とも言われる。
  • 新彊トルファン アスターナ古墳群
  •  高昌国住民と唐代西州住民の墓地群で墓室からは大量の絹製品、陶器、文書などが出土しており、壁画やミイラも残る。これらは高昌国の歴史研究にとって貴重な資料である。ここにある全ての墓は、斜めの参道と地中にある墓室を持っており、平面的には「甲」字形をしているのが特徴である。
  • 新彊トルファン アスターナ古墳群
  •  出土した資料によると、最古の物は紀元273年、(晋の泰始9年)、最も新しい物は紀元778年(唐の13年)の物とされる。見学できる3基215号と216号のうち壁画が残る210号には夫婦のミイラがある。
  • 新彊トルファン アスターナ古墳群
  • 新彊トルファン アスターナ古墳群
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー