「セイナン・スカイ」〜中国観光専門&中国旅行代理店!About Usお問い合せ旅行社の皆様へ
中国旅行 ご予約の流れ

中国西部地域の世界遺産

九賽溝 四川

九寨溝 四川

1992年世界自然遺産に登録。
「童話の世界」、「世の仙境」だと賞賛される九寨溝は四川省の蔵(チベット)族、羌(チャン)族自治州の南平地区中南部(成都から北側約450km)に位置する。
黄龍 四川

黄龍 四川

1992年世界自然遺産に登録。
黄龍景勝地は神話の西王母が住むとされる場所で、四川省松潘県(成都の北約400km)に位置し、岷山山脈最高峰の雪宝頂(標高5588m)麓に広がる不思議な水景群。
楽山大仏 四川

楽山大仏 四川

1996年、峨眉山と合せてユネスコの世界遺産に文化と自然の複合遺産として登録された。
「山が仏であり、仏が山である」と讃えられた楽山大仏は楽山市郊外(成都の西南約160km)に位置している。
峨眉山 四川

峨眉山 四川

1996年、楽山大仏と共に文化と自然の複合遺産に登録された。
峨眉山は道教や中国の仏教で言うところの聖地で、中国三大霊山(五台山、天台山、峨眉山)や中国四大仏教名山(浙江普陀山、安徽九華山、山西五台山、四川峨眉山)の一つである。
都江堰 四川

都江堰 四川

2000年には青城山とともにユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
都江堰は成都西部の岷江の上流、成都から56kmの所にある古代の水利・灌漑施設。現在でも5,300平方kmに及ぶ範囲の農地の灌漑に活用されており、古代の優れた土木技術を今に残すもの。
青城山 四川

青城山 四川

道教の発祥地とされた青城山は2002年、都江堰と共に世界文化遺産に登録された。
青城山は四川省都江堰市(旧称・灌県)の市街地の西にあり、市街地に隣接した都江堰水利施設からは西南へ10km、省都成都市からは北西へ68km。成都平原の北西に屹立する。
四川パンダ保護基地

パンダ栖息地 四川

2006年、世界自然遺産として登録された、
パンダは、中国の国宝であり、また世界動物保護の象徴とされている。現在世界中に生存する野生のパンダは1000匹余りに過ぎず、中国以外では絶滅したと言われている。
ポタラ宮 チベット

ポタラ宮 チベット

1994年、世界文化遺産に登録された。
チベットのシンボルといえる偉容を誇る宮殿だ。チベットを最初に統一したソンツァンガンポ(松賛干布617--650年)が唐王朝から迎えた妃、文成公主の為に建立したと言われている。
ジョカン寺 チベット

ジョカン寺(大昭寺) チベット

2000年、世界文化遺産に登録された。
チベットのラサ市の中心にある大昭寺は7世紀の吐蕃時代に建立されたものであり、ポタラ宮と共に、チベット族の重要な宗教活動の場で、仏教信徒が憧れる巡礼の聖地である
ノルブリンカ チベット

ノルブリンカ チベット

2001年、世界文化遺産に登録された。
ダライ・ラマの夏の宮殿として利用されていた。1740年代、ダライ・ラマ7世の病気の療養の為にここに建てられ、1954年には新宮のタクタンポタンが増築され、現在に至っている。
昆明石林

昆明石林 雲南

2007年、貴州茘波、重慶武隆と一緒に南方カルストとして世界自然遺産に登録された。
石林は昆明南東約83km石林イ族自治県にある。「雲南石林、天造奇観」といわれ、総面積は400kuである。
麗江古城 雲南

麗江古城 雲南

1997年12月「世界文化遺産」に登録された。
麗江古城は経済、戦略的要地を、険しい地勢と一体化させ、古朴の風情を完全に保存している。古城の建築は各民族の文化特徴を融合させ、世界によく知られている。
三江弁流 雲南

「三江合流」保護区 雲南

2003年、世界自然遺産に登録された。
三江合流とは中国青海・チベット高原を源とする怒江、金沙江、メコン川の3本の河は雲南省の北西部の数百キロの範囲に平行に流れると言う。保護区には長江第一湾、虎跳峡など見所がる。
大足石刻 重慶

大足石刻 重慶

1999年、大足宝頂山と北山の仏像石刻が世界文化遺産に登録された。
大足石刻は重慶市大足県にあり、重慶から約130キロ、バスで約2時間だが、成都からは約280キロで、交通時間は4時間半ぐらいも掛かる。
武隆カルスト 重慶

武隆カルスト 重慶

2007年6月27日に「中国南方カルスト群」の一つとして世界自然遺産に登録された。
重慶市武隆カルストは、重慶市の市街地から東南へ180キロの所に位置し、長江の支流である烏江の下流にある。その景観は「天坑三橋」、「地縫」、「芙蓉洞」などからなる。
茘波 貴州

茘波 貴州

2007年、昆明石林、重慶武隆と一緒に「中国南方カルスト」として世界自然遺産に登録された。
茘波樟江風景区は樟江の河景色と広大なカルスト森林景色をメインとし、また、ブイー、水、ヨウ、ミョウ等少数民族風俗も融合された景色である。
兵馬俑 西安

兵馬俑 西安

兵馬俑(へいばよう)は西安市街地から東側の30キロ離れた臨潼県にある。 秦の始皇帝陵の副葬坑。7,000以上の等身大の武士と馬の俑(人形)は「世界の八番目の奇跡」と絶賛されている。特に、これらの兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはないことは極めて不思議である。
秦始皇帝陵 西安

秦始皇帝陵 西安

秦の始皇帝は中国史初の皇帝であったが、その強大な力を利用し大きな陵墓を建てた。これが秦始皇帝陵である。 西安市街地から東側の30キロ離れた臨潼県の驪山の麓、渭水の南にある。 始皇帝の墓「始皇帝陵」は70万人の労働力と40年の歳月をかけて作り上げられた壮大な人工建築物である。
莫高窟 敦煌

莫高窟 敦煌

敦煌莫高窟は甘粛省敦煌市街東南約25kmにある。 莫高窟は俗に千佛洞とも言われている。 南北1600m、上下5層にわたり龕窟が櫛の歯のように並ぶ。 北魏から元代の492の龕窟、45000の壁画、 約2400体の彩色塑像、唐から宋代の5つの木造建築。
龍門石窟 洛陽

龍門石窟 洛陽

龍門洞窟(りゅうもんどうくつ)は洛陽市の南方13キロ、伊河の両岸にある洞窟寺院。雲崗、敦煌と並んで三大石窟と言われ、「龍門石窟」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー サイトマップ