「セイナン・スカイ」〜中国観光専門&中国旅行代理店!About Usお問い合せ旅行社の皆様へ

貴州 姉妹飯祭り

 姉妹飯祭りは名前通り美しい五色のおこわー姉妹飯を食べる祭りです。五色にはそれぞれ意味があり、樹木や花の汁を加えて別々に蒸したおこわを最後に混ぜます。
 姉妹飯祭りは毎年旧暦3月15日頃に「施洞」というところを中心としています。
 伝承では、昔、この地方に多くの美しい娘が住んでいました。彼女たちは銀飾りも全て整え、何の不自由無く暮らしていましたが、結婚相手がなかなか見つかりませんでした。ここが辺鄙な場所だからだと思った老人達は、春も盛りの農歴二月十五日に村で盛大に祭りをすることを考えつきました。娘たちももち米を持ち寄り、蒸して、一緒に姉妹飯を食べました。その他にも闘牛、闘鳥、競馬、遊方、芦笙踊り、太鼓踊りなどをして、賑やかにしました。このニュースはたちまち村から村へと広まり、遠くの村からも老弱男女が駆けつけてより沸きあがりました。娘達は若者をもてなし、別れ際に藍染や新しいハンカチに姉妹飯を包んで意中の人に渡してお土産としました。機転のきく娘は中に自分の気持ち表すものを入れたといいます。
  •  祭りの日に一番目立つものは何と言っても豪華な刺繍がある娘たちの晴着です。金色に輝く上着の背中はテープ状の赤い畿何学模様が四角左右対称に並び、刺す糸の方向がそれぞれ異なるため、陽光に当るとより美しいです。スカートも金色で大きくブリーツがありますが、刺繍はありません。そして、腰には銀腰帯をつけて、首にも銀のネックレスを下げます。
     太鼓踊りをする時に、左まわりに円を描くように踊っています。五人の男性が先頭に立ち芦笙を吹きます。彼らは進行方向を向いて同時にステップを踏みます。娘達は横に手をつなぎ、円心を向きながら、その後をついてゆくのです。芦笙は男性の女性への愛情表現の道具なので、原則として男性が吹きます。若者はこの芦笙で求愛し、これに応じた娘は自分で美しく織った花帯を芦笙に掛けます。
  • GZ−TKS0103 貴州省の姉妹飯祭り&少数民族とふれあい 5日間の旅

  • 都市 交通 観光内容
    D1
    貴陽

    専用車
    フライトにあわせて、担当日本語ガイドが貴陽空港にお出迎え、ホテルにご案内します。
    朝食:×   昼食:×   夕食:×
    宿泊:貴陽 ☆☆☆☆
    D2 貴陽
    施洞
    凱里
    専用車 朝食後、貴陽より施洞村へ
    着後、盛大な姉妹飯祭りをお楽しみ下さい。
    朝食:○   昼食:○   夕食:○
    宿泊:凱里 ☆☆☆☆
    D3 凱里
    貴陽
    専用車 朝食後、小花苗族の賞卞村と古法造紙の石橋村の見学へご案内します。
    その後、貴陽に戻ります。
    朝食:○   昼食:○   夕食:○
    宿泊:貴陽 ☆☆☆☆
    D4 貴陽 専用車 午前 貴陽郊外の明代に建てられた青岩古鎮見学へご案内します。
    午後 貴州省博物館甲秀楼、貴陽自由市場の見学へご案内します。
    朝食:○   昼食:○   夕食:○
    宿泊:貴陽 ☆☆☆☆
    D5 貴陽
    専用車
    フライトに合わせて、貴陽空港にお送りします。
    朝食:○   昼食:×   夕食:×
    宿泊:×
  • 人数1名2名 3名 4名 5名
    料金(人民元/名) お問合わせ - - - -
  • ※ご出発日により、日程の調整が可能です。
  • ※上記料金には日本語ガイド、専用車代、各見所の入場料、食事代(○部分)、ホテル代が含まれております。
  • ※上記料金には貴陽発着の航空券代は含まれておりません。
  • ※ホテルは貴陽は華美達神奇大酒店(四つ星)又は柏頓酒店(四つ星)、凱里は金冠酒店(四つ星)又は嘉瑞和藤龍酒店(四つ星)のご利用となります。
  • ※1名様ご参加の場合は1名様1室のご利用となります。
  • ※2名様以上ご参加の場合はホテルは2名様1室のご利用となり、1名様1室ご希望の場合は別途ホテル代金が追加させていただきます。
  • ※お申し込みの前にご予約の流れ・ご旅行条件書を必ずお読みください 。
お問い合せ 会社概況 ご予約の流れ 旅行条件書 お支払い案内 プライバシー ポリシー サイトマップ